岡田愛・略歴

岡田愛(おかだあい)ソプラノ

ソプラノ・岡田愛長野県出身。信州大学教育学部音楽科、東京藝術大学音楽学部声楽専攻を卒業。故イェルク・デームス氏によるマスタークラス修了。東京藝術大学大学院音楽研究科修士課程声楽専攻修了。
ミラベル宮殿シュロスコンサートにてデームス氏と共演。2015年にはミラベル宮殿音楽監督のストラディバリウス奏者、ルッツ・レスコヴィッツ氏との共演も果たす。ラ・フォル・ジュルネTOKYO2018、2019に出演。その際、千住明作曲・指揮によるオペラ《万葉集》の主役を務める。長野県各地でのリサイタル活動や室内楽との共演も数多く行い、地元での演奏活動にも力を入れている。BS-TBS『日本名曲アルバム』Ensemble OASISメンバー。
これまでに吉江忠男、平松英子、池田京子、故イェルク・デームス、エリー・アメリングの各氏に師事。


オフショット

Special Thanks to きものレンタル・着付「彩雅」.

Scroll UpScroll Up